ABOUT
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
OTHERS

<< 2014年04月22日のつぶやき | main | 2014年04月23日のつぶやき >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
オバマ大統領と安倍総理が銀座「すきやばし 次郎」で寿司外交
日米首脳の寿司外交



すきやばし 次郎



<米大統領来日>銀座のすし店で夕食会 雑居ビルの三つ星店
毎日新聞 4月23日(水)20時8分配信


 安倍晋三首相は23日夜、日本に到着したばかりのオバマ米大統領を東京・銀座のすし店「すきやばし次郎」に招いた。オバマ氏が「すし好き」と聞いた日本側が、首脳間の個人的関係を深めてもらおうと、非公式な夕食会としてセットした。

【頼みは「夕食会」】米国の不信感払拭

 同店は1965年創業。格付け本「ミシュランガイド」で、7年連続で最高評価の「三つ星」を獲得している。店主の小野二郎さん(88)は、三つ星店の現役料理人としては最高齢とされる。

 2011年には、米国のデビッド・ゲルブ監督が小野さんの仕事ぶりを捉えたドキュメンタリー映画「二郎は鮨(すし)の夢を見る」が公開され、米国でも知られている。

 ただ、来日した要人をもてなす夕食会は、周辺の交通規制や警備上の都合などから、首相官邸横の公邸を使うのが一般的。雑居ビルの地下1階にある同店は、首脳の食事場所としては異例だ。

 オバマ氏は実務的な大統領として知られ、安倍首相とは「相性がいいとは言えない」(日米外交筋)との指摘もあり、「カウンターに座り、くつろいだ雰囲気が出せれば」(首相周辺)と「すし外交」を決断した。

 首脳外交では、しばしば「食べ物」が活躍してきた。11年11月、ハワイでアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が開かれた際には、野田佳彦首相(当時)がオバマ氏に好物のチョコレートケーキをプレゼント。打ち解けた雰囲気になり、信頼関係の構築に結びついたとされる。

 オバマ氏はハンバーガー好きとしても知られ、09年の来日時は自ら「神戸ビーフ」をリクエストしたほど。今回は大詰めの環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉で牛肉の関税率が焦点となっているためか、牛肉は見送られ、日本の伝統食のすしに落ち着いた。

財界ネットワークと日米外交 / 木村昌人 【単行本】




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140423-00000080-mai-pol




政治 / comments(0) / trackbacks(0) /
スポンサーサイト
- / - / - /
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://1todaynews.jugem.jp/trackback/3318
トラックバック