ABOUT
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
OTHERS

<< 2014年04月29日のつぶやき | main | 2014年04月30日のつぶやき >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
レアル・マドリード、バイエルンに完勝で12年ぶり決勝進出 欧州CL
サッカー欧州チャンピオンズリーグ2013-14(UEFA Champions League 2013-14)は29日、準決勝第2戦が行われ、レアル・マドリード(Real Madrid)は4-0でバイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)を下し、2戦合計スコア5-0で12年ぶりの決勝進出を決めた。

 一方でジョゼップ・グアルディオラ(Josep Guardiola)監督率いるバイエルンは、欧州の舞台ではホーム戦で最悪となる大敗を喫し、ここ5シーズンで4度目となる決勝進出の夢は打ち砕かれた。バイエルンは欧州大会ではホームで2点差以上の差を付けられたことはなかった。

 レアルはこれで、「ラ・デシマ(10度目の欧州タイトル獲得)」まであと1勝となった。レアルは5月24日にリスボン(Lisbon)で、同都市のライバルであるアトレティコ・マドリード(Atletico Madrid)とジョゼ・モウリーニョ(Jose Mourinho)監督率いるチェルシー(Chelsea)の勝者と対戦する。

 レアルは、CBのセルヒオ・ラモス(Sergio Ramos)のヘディングシュート2発で、早々にバイエルンのチャンピオンズリーグ史上初となる連覇の希望を消し去った。

 その後、「FIFAバロンドール(FIFA Ballon d'Or)」受賞者のクリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)がハーフタイム前に得点を決めて3-0とすると、試合終了間際にはFKから今季公式戦通算49得点目を決めた。

 ロナウドはこれで、今季のチャンピオンズリーグでの得点を16に伸ばし、1大会での最多得点記録を更新した。これまではFCバルセロナ(FC Barcelona)のリオネル・メッシ(Lionel Messi)、元ACミラン(AC Milan)のジョゼ ・アルタフィーニ(Jose Altafini)氏が記録した14得点が最多だった。

 レアルのラモスは「今日のレアルのサッカーは、世界中の人が認めるレベルに到達していたと思うし、2点を決められたのは夢のようだ」とコメントした。

「リスボンでの決勝は夢だった。もうずっと長い間待ち望んでたんだ」

 レアルにとって唯一の誤算は、シャビ・アロンソ(Xabi Alonso)が前半にバスティアン・シュバインシュタイガー(Bastian Schweinsteiger)に対するファウルで警告をもらい、決勝戦は出場停止になったことだった。

 それでもこのバイエルン戦がレアルにとって歴史的な勝利だったことは間違いなく、特にチームを率いるカルロ・アンチェロッティ(Carlo Ancelotti)監督は、ACミランを率いた時代の6回と合わせて、これでバイエルン戦の無敗を8試合に伸ばしている。

 さらにアンチェロッティ監督は、これで4度目のチャンピオンズリーグ決勝を戦うことになり、これまでの最多記録に並んでいる。


レアルマドリード クリスティアーノ・ロナウド アウェイ 13-14 サッカーレプリカユニフォーム 大人用
レアルマドリード クリスティアーノ・ロナウド アウェイ 13-14 サッカーレプリカユニフォーム 大人用




■試合は一方的な展開に

 試合は、25日に45歳で逝去したFCバルセロナ前監督のティト・ビラノバ(Tito Vilanova)氏、27日に82歳で逝去した元レアル監督のブハディン・ボスコフ(Vujadin Boskov)氏を悼み、1分間の黙とうが行われてから始まった。

 レアルは敵地アリアンツ・アレナ(Allianz Arena)で先制点までわずか16分しか要さず、ルカ・モドリッチ(Luka Modric)のCKからラモスが力強くヘディングシュートを決め、バイエルンを後押ししていた本拠地の観客を沈黙させた。

 そこからの5分間でバイエルンは混乱状態に陥り、CBのボンフィム・ダンテ(Dante Bonfim Costa Santos)がロナウドに対するファウルでイエローカードをもらうと、直後にラモスに2得点目を許した。

 アンヘル・ファビアン・ディ・マリア(Angel Fabian Di Maria)のインスイングのFKからCBのペペ(Pepe)がボールをすらし、ラモスが先制点からわずか4分で2得点目を決めると、バイエルンはノックアウト寸前に追い込まれた。

 さらにレアルは前半34分、ディ・マリアからスペースへ流れたカリム・ベンゼマ(Karim Benzema)、さらには駆け上がってきたギャレス・ベイル(Gareth Bale)とボールをつなぎ、最後はフリーのロナウドがシュートを流し込んでバイエルンの悲劇に拍車をかけた。

 ロナウドがこの得点でチャンピオンズリーグの1大会最多得点の記録を更新し、レアルは前半だけで3-0としてハーフタイムを迎えた。

 グアルディオラ監督はハーフタイムに手を打ち、マリオ・マンジュキッチ(Mario Mandzukic)に代えてハビ・マルティネス(Javi Martinez)を投入すると、さらに4-2-3-1をあきらめて4-2-4のような布陣に変更し、シュバインシュタイガーとトマス・ミュラー(Thomas Mueller)をさらに高い位置に押し出した。

 しかし、バイエルンはできる限りの手を打ったもののレアルの守備は堅く、後半45分にはロナウドがFKからこの日2得点目を決め、バイエルンの棺のふたに最後の釘を打ち込んだ。

 バイエルン主将のフィリップ・ラーム(Philipp Lahm)は、「とてもがっかりしているし、分析しなくちゃならないけど、それでも僕たちがこの2年で成し遂げてきたことを悪く言うことは誰にもできない」とコメントした。


レアル・マドリード vs FCバルセロナ 因縁の100年史
レアル・マドリード vs FCバルセロナ 因縁の100年史
サッカー / comments(0) / trackbacks(0) /
スポンサーサイト
- / - / - /
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://1todaynews.jugem.jp/trackback/3329
トラックバック