ABOUT
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
OTHERS

<< アダルトショップ強盗、ポルノグッズ投げつけ逃走 豪州 | main | 2014年06月11日のつぶやき >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
ASKA容疑者「主治医」の医療法人が破産
ASKA、清原氏の主治医の医療法人が破産開始決定 負債総額は10億円超


覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された歌手のASKA容疑者(56)の主治医で、スポーツドクターとして知られる平石貴久医師が経営する医療法人「貴生会」と関連会社3社が6日、東京地裁から破産開始決定を受けたことが分かった。






東京商工リサーチによると、負債額は貴生会が3億6429万円で関連会社3社を含めて総額10億1773万円。



疲労を回復させるという「ニンニク注射」で知られる「平石クリニック」を東京・六本木で運営、元プロ野球選手の清原和博氏や元横綱朝青龍など有名プロスポーツ選手や芸能人などが利用することで知られていた。平石医師のブログでも多くの著名人との交流がつづられている。



最近ではASKA容疑者の主治医として、同容疑者にアンナカ(安息香酸ナトリウムカフェイン)を処方していたとしてメディアに取り上げられた。



東京商工リサーチによると、平石医師は「知人の連帯保証人となっていたことが原因で多額の負債を抱えることになり、クリニックの経営を続けることが困難になった」と説明している。


スポーツドクター
スポーツドクター




経済 / comments(0) / trackbacks(0) /
スポンサーサイト
- / - / - /
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://1todaynews.jugem.jp/trackback/3430
トラックバック