ABOUT
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
OTHERS

<< 2014年06月14日のつぶやき | main | 2014年06月15日のつぶやき >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
ザック日本、ドログバと「悪夢」の2分間に屈する
サッカー日本代表は、W杯ブラジル大会の初戦でコートジボワールに1-2で敗れた。


日本代表のサポーターは、まずは喜びを爆発させたものの、その後意気消沈してうなだれ、ディディエ・ドログバをののしった。


全国で多くの人が15日午前、スポーツバーやスタジアムに集結し、レシフェ(Recife)で行われた試合をテレビの生中継で見守った。


2010年W杯南アフリカ大会で2得点を記録し、現在はイタリア・セリエAのACミランに所属する本田圭佑が前半16分に日本の先制点を挙げた。


しかし、エレファンツ(コートジボワール代表の愛称)はドログバが後半17分にピッチに送り込まれると復活の雄叫びを上げ、同19分にボニー・ウィルフリード、同21分にジェルヴィーニョが立て続けに得点を挙げた。




東京ドームには約3万5000人が集まり、巨大スクリーンでこの試合を観戦し、声援を送った。


ファンの1人はAFPに対し、「後半の途中まで日本が勝つと信じていたが、がっかりする結果に終わってしまった」と語った。


それでも、「残り2試合は絶対に勝ってくれると信じている」と続け、日本代表に信頼を置いた。


渋谷駅前のスクランブル交差点では、試合後にサッカーファンがスポーツバーから出てくる中、約800人の警官が出動し、警備に当たった。代表チームのレプリカユニホームを身にまとったたくさんのファンが、日本の敗戦したにももかかわらず、ハイタッチを交わす姿がそこここで見られた。


試合後、日本の主将を務める長谷部誠はNHKに対し、「非常に厳しい敗戦だと思います。自分たちのサッカーを表現できなかった。ただ、グループリーグはあと2試合あるので、もう一度チーム一丸となって、切り替えってやっていくしかありません」とコメントした。



日本は19日にナタルでギリシャと、24日にはクイアバでコロンビアと対戦する。


ワン・ラヴ、ワン・リズム 2014FIFAワールドカップ・ブラジル大会公式アルバム
ワン・ラヴ、ワン・リズム 2014FIFAワールドカップ・ブラジル大会公式アルバム
サッカー / comments(0) / trackbacks(0) /
スポンサーサイト
- / - / - /
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://1todaynews.jugem.jp/trackback/3438
トラックバック